fc2ブログ
 

あかね雲

2015年11月の更新履歴 [前月]  [次月]

2015/11/30
勇者が魔王に負けまして。] 3-31 炎神の領土
2015/11/30
勇者が魔王に負けまして。] 3-30 利用しあいましょう
2015/11/30
勇者が魔王に負けまして。] 3-29 仕方ないので妥協しました
2015/11/30
勇者が魔王に負けまして。] 3-28 肉体はゾンビですが中身はちがいます
2015/11/30
黄金の王子と闇の悪魔 番外編短編集] 理想と現実のはざま 3
2015/11/30
黄金の王子と闇の悪魔 番外編短編集] 理想と現実のはざま 2
BACK|全1頁|NEXT

勇者が魔王に負けまして。] 3-31 炎神の領土

 概要:  その町にスゾンを置いて、一行は北北西に進んだ。  旅は至極順調で、予定より少し早目に、炎神の御座(みくら)の外縁部――砂漠に辿りついた。 「……なんだか、意外と、栄えているな」  意外そうな顔で言うのは、ダルクである。  フィアルも同感なのか、口には出さなくても似たような表情で辺りを見回している。  炎神の御座は、くっきりとした境界線がある。黒土が、ある一線を越えると、さらさらとした薄い茶色の砂に変わる...

勇者が魔王に負けまして。] 3-30 利用しあいましょう

 概要:  最後に、少女はスーパーゾンビあらためスゾンにたずねた。 「私たちにとって、あなたを調べることへの利は大きいわ。でも、あなたの利は?」 「あ、それは簡単です。押してダメなら引いてみろ作戦です」 「……なにそれ」 「つまり、力ずくは難しいので、貸しを山ほど作って、その貸しを盾に、協力を求めるやり方をしようかと……」  少女はふっと笑う。 「そういうつもりでいるのなら、いいわ。あなたの力には利用価値がある。お互...

勇者が魔王に負けまして。] 3-29 仕方ないので妥協しました

 概要:  ゾンビが町に住みつくのも嫌だが、少なくとも、他人の体を勝手に使用せず、権利を侵害しないという一点において、勝る。  捕縛したところで、他人に憑依されたらそこまでだし、他の手段も、同様である。 「でも、こう言っちゃなんだけど、サンローランでのあなたの住み心地、悪いと思うわよ? だって、一目であなたをゾンビと見抜けるひとたちばっかりだもの」  まず獣人族は、一発でわかる。微かに漂う腐敗臭によって。  次...

勇者が魔王に負けまして。] 3-28 肉体はゾンビですが中身はちがいます

 概要:  少女たちは一旦宿に戻ると、その場所へ急行した。  死霊術師も操り人形を通じて不穏な気配を察知し、逃げようとはしていたようだが、そもそも、飛行呪文を持つ彼女たち以上の逃走速度の人間など、滅多にいないのである。  無事、死霊術師を捕獲した。死霊術師は珍しい人族の魔力持ちであったため、利用価値は山ほどあり、その町の冒険者ギルドに放りこむ。  そしてその日のうちに町に戻ったところ、驚くべきことに、まだあの...

黄金の王子と闇の悪魔 番外編短編集] 理想と現実のはざま 3

 概要:  ジョカが黙った。  静かで結構。  リオンは匙が止まっていた食事を再開する。  リオンが皿を九割がた空にしたころ、静かだったジョカは恐る恐る聞いてきた。 「俺を愛しているから頑張ってくれた、と?」 「……あなたは、私を何だと思っているんだ?」  こう言っては何だが、リオンは自分をそこまで忍耐強い人間とは思っていない。  苦痛で苦痛で苦痛で仕方がないようなことをやるには、相当強い理由が必要だ。  リオンは深...

黄金の王子と闇の悪魔 番外編短編集] 理想と現実のはざま 2

 概要:  食事するリオンをジョカはやや目を丸くして見ていたが、自分も配膳された食事に手を付けた。  一口食べて顔をしかめる。 「ああ……リオンが作った料理が食べたい……」 「そうだな。早く家に帰りたい」  リオンも同意する。  まずいものはまずい。  こんな食事より、自分で作った方がずっと美味だ。  リオンの当初のもくろみ通り、リオンは自分が作った物なら失敗作でも口にすることができた。今ではそれなりの腕になった自信...
BACK|全1頁|NEXT