fc2ブログ
 

あかね雲

2015年12月の更新履歴 [前月]  [次月]

2015/12/04
勇者が魔王に負けまして。] 4-4 鎖の先と先
2015/12/04
勇者が魔王に負けまして。] 4-3 鈍感力
2015/12/04
勇者が魔王に負けまして。] 4-2 押し倒されました
2015/12/04
勇者が魔王に負けまして。] 4-1 結婚式……なのですが
2015/12/04
黄金の王子と闇の悪魔 番外編短編集] 無知と偏見 5
BACK|全1頁|NEXT

勇者が魔王に負けまして。] 4-4 鎖の先と先

 概要:  マーラは激昂していた。  いつも笑顔を絶やさない彼が、こんなにも怒っているところは初めて見る。  少女は戸惑いつつも、正直に答える。 「え、えーと。婚約の証?」 「なあーにが婚約の証ですか! どこをどう見たって契約の鎖でしょうが!」 「……けいやくのくさり?」 「何か約束しましたね?」 「うん。結婚するって……」  彼女がすなおに答えると、マーラは眩暈と頭痛と脱力を同時におぼえたようで、頭を押さえて後ろのソ...

勇者が魔王に負けまして。] 4-3 鈍感力

 概要:  遅れていた認識が、そのツケを取り戻すようにいっぺんに押し寄せた。  その結果、少女はのたうちまわることになったのだが……、体はがっちりと抱きしめられていて動けない。  そのぶん、頭の中でのたうちまわることになった。  くるくると変わる百面相を、魔王はしげしげと、完全に面白がりながら見ていた。  もちろん少女は見せまいと俯いているのだが、そんなの角度をちょっと工夫すれば、見えてしまうのである。  見せた...

勇者が魔王に負けまして。] 4-2 押し倒されました

 概要:  クリスだって、自分が魔王に相当な譲歩をさせていることは、自覚があるのである。  炎神の御座で、魔王の部屋を訪ねて「求婚を受ける」と言ったとき、魔王は数秒、無言だった。  そして、側に控える忠実な側近に言った。 「下がれ」 「はい、我が君」  幾分嬉しそうな気配を滲ませて、フィアルが部屋を出る。  結婚するわけだし、二人きりでこれからの予定とかを話し合うんだろーと暢気(のんき)にそれを見送っていたら――押...

勇者が魔王に負けまして。] 4-1 結婚式……なのですが

 概要:  その日、サンローランの町の一隅で、とんでもない人物によるとんでもない頼みごとが炸裂した。 「お、女将さんっ。ね、閨の作法を教えてくださいっ」  ――こんなことを、突然言われることになった人物こそ哀れであった。  いやまあ悪い予感はしていたのである。  町一番の有名人が、折り入って相談があると言って押しかけてきて、人目をはばかる様子で部屋に入って自分と二人きりになり、そうして頭を下げられて言われたのが前...

黄金の王子と闇の悪魔 番外編短編集] 無知と偏見 5

 概要:  インホウの故郷へと出発する日。  らい病を治療できる、という触れ込みのジョカは、インホウの家族たちに涙ながらに感謝された。  そうはいっても、女性の旅が現実的でない時代だ。今この場にいるのは全員男で、インホウの兄弟らしき男が三人である。  全員インホウより年若に見える。  彼らはらい病を発病した長兄を最初家長とし、その次にはインホウを家長としてまとまっている隊商一家のようだ。  感謝の言葉を受けなが...
BACK|全1頁|NEXT