あかね雲

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ ワールドトリガー □

【ワートリ感想】163話「絵馬ユズル 2」~お好み焼うまそう

ネタバレ注意! ワールドトリガーの感想です。

 現在ジャンプ+というジャンプの公式サイトにて、ワールドトリガー1~4巻まで無料公開中!
 11/2までなので、明日で終了です。まだ読んだことのない方はどうか読んでみて下さい。


<あらすじ>
 千佳はスナイパー合同訓練へ。
 そしてユーマはカゲたちと試合ののち、カゲ、村上、ゾエ、ユズル、当真らと一緒にカゲ実家のお好み焼屋へ。
 そこでユズルはチカのため、次のランク戦わざと負けるつもりといい、たまたま居合わせた荒船が「千佳を守りたいのなら個人選抜で遠征に行けばいい」という。
 お好み焼が美味しそうで困った。


<感想>
 お好み焼がうまそうでうまそうで、我慢できずに半年ぶりぐらいに近所のお好み焼屋へ行ってしまいました。
 猫先生が美味しそうに書くのが悪いのです。
 久々に食べたお好み焼うまー。
 あつあつのできたてお好み焼をはっふはっふ……ああ(恍惚)。
 カロリー高いから封印してきたというのに、あまりの美味さにまた通ってしまいそうな自分が心配です。

 ワールドトリガーはほのぼの日常回も面白いですね。
 やっぱり相関関係と設定がしっかりしているからかな?
 カゲがお好み焼屋の次男なんて設定が、ここで生かされるとは……!
 そして、荒船がその常連だという設定もここで生かされるとは……!

 ここでふと心配になったんですが、コミックス購読派はカバー裏で知ってますが、ジャンプしか読んでない層は「カゲの家でごはん=お好み焼」って知っているんでしょうか? 確か本編の中ではその設定、出てきてないような……。
 ま、まあわかりますよね。
 ちゃんと「お好み焼かげうら」の看板が書かれてますし!
 これを見れば、初見の読者も察してくれますよね! うん、きっと。


・影浦隊は、遠征行かない?
 ユズル個人の遠征フラグ。
 今週の内容からすると、カゲはほんとに遠征行く気ないんだなあ。

 好きな子が遠征行く→好きな子の仲間を遠征に行かせるためわざと負けよう、っていう考え方に違和感がすこし。
 好きな子が遠征行く→自分たち影浦隊も一緒に遠征行こうとはならず、わざと個人選抜で個人で行こうってなんでかな、と。

 隊に実力がなくて選ばれそうにない、っていうのならともかく、むしろ逆に順当に考えれば影浦隊は入るよね、という強さ。
 ウソがわかるユーマに以前「遠征はどうでもいい」って言ってましたし、選ばれても辞退しそうな感じじゃないですか?
 ユズルは同じチームですからカゲのそういう意思を知っていて、隊の単位で選ばれる気がないのでは?

 そして、ボーダーは軍隊ではなくて民間組織なので、嫌がる人間を強制的に遠征に連れて行ったりはしないでしょう。

 選抜試験なんてものがあるんですし、周りじゅう360度敵しかいない遠征でやる気のない人間なんて百害あって一利なしなので、「遠征行きたくない」っていう意志は最大限尊重されるでしょう。
 現実的に、民間会社が未成年を親元から強制的に引き離して何週間も危険な旅をさせる権利なんてありませんしね。
 本人の意志があっても親の合意が絶対必要ってレベルですよ……。
 
 漫画なんだからその辺突っ込んじゃいけないんですが、今度の長期遠征って学校とか親の許可はどうなるんでしょう?
 学校はボーダー提携校はなんとかなるとして、親の許可は下りないんじゃないかと思うんですが……。
 成人組しか遠征行けないとかなったらチカはどうするんだという――はっ。

 ボーダーに入ることは相対的な危険度から渋々認めた千佳の両親ですが(ボーダー入らなくても千佳は狙われる、ならボーダーに入って身を守った方がいいという論法)、何週間下手したら何か月もかかる上に敵地に乗り込んでいくなんていう危険な遠征に中学生の小さな女の子である千佳が行く許可を出すんでしょうか?
 …………。
 考えちゃだめですね。

 話を元に戻すと、影浦隊はマジで隊の単位では遠征行く気がないようす。
 それは遠征の危険性や、現実生活への影響(数週間~1か月以上?の不在)を考えるとおかしくはないんですが、カゲはなあ。
 どうしても、実家の反対があるんじゃないかって考えちゃいますね。

 ……ほら、先週の写真でカゲによく似た子がいたので、もしそれがカゲの兄だとしたら、親としては残った子には絶対に行かせたくないだろうなって。そして、そうだとしたら。
 カゲがその親の切ない気持ちを切り捨てられるとは思えません。
 普通の人間とはちがって、カゲには「わかる」んですから。
 親がどれだけ自分を心配しているかとか、愛しているかとか、愛しているからこそそんな危険なところに行ってほしくないと思う気持ちが、ぜんぶ文字通り肌でわかるんです。

 そうなると……行けませんよね。
 カゲはデリカシーはないですが、優しい子なので、親のそういう愛情ゆえの切ない嘆願を振りきってまでは行けないでしょう。

 遠征部隊が決定した後、未成年組が親の許可をとるのに奮闘する回とかあったらおもしろいですが、ないだろうなあ……。
 だって普通に子どもに愛情がある親なら反対すると思うので。
 攫われた人を助ける、それは立派な事だ。でもお前はまだ子どもなんだ。何でお前が行かなきゃいけないんだ、って言うのが一般的な親じゃないかと。

 成人組は「自分で決めた、親は関係ない」で押し通せても、未成年は未成年だしなー。
 と、その部分を書くと話が長くなったり、隊員が行けなくなったりとイロイロと問題が発生してしまうので、猫先生はうやむやにしとくと思うのです。


・ユーマの煽りは効果的
 最後のユーマは天然かな? わざとかな? ……わざとだろうなあ。
 長年傭兵やっていただけあって、ユーマはこういう機転がきくから侮れませんね。

 下手に説得するより、こうしたあおりの方がよっぽど効果あるでしょう。
 中学生組一の高ランクスナイパーですからね、ユズルは。
 プライドは相応に高いでしょうし、元A級部隊という自負もあるはず。
 「わざと負けるなんてしちゃだめだよ」ってだらだら正論言って説得するより、こうして挑発する方がよっぽど話は早いです。

 今週もたしかなまんぞく。
 ワールドトリガーが来週も掲載されることと葦原先生の首の快癒をお祈り申し上げます。




次の記事へ行く

ワールドトリガーの部屋に戻る

関連記事
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。